SOUL MUSICを聴こう

全ての汚れた同志たちに捧ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Gone Away」 Roberta Flack

1970年という年に生まれた曲に触れることは少ない。

だけど出会ってしまった。


この曲は彼女の看板とも言うべき名曲のように

多くの人間たちに語られることはない。


             Roberta1.jpg



ゆっくりとキーを押される緩やかなピアノの音色に、

これまでに訪れたことのない場所に密やかにいざなわれた。


1970年という時代背景からかBeatlesのサウンドメイクの影響を受けた、

Donny Hathawayによるライティングは、

何ひとつ足されず、

何ひとつ引かれず、

現物のまま、30数年の時代を超え私の魂まで確実に辿りついた。


Roberta Flackの朴訥な声に耳をあて、

私はゆっくりと目を閉じ、

このSoul Musicという音楽に出会えたことを、

見えることのない存在に感謝した。


               Roberta2.jpg



暮れ行く空を見上げ、

美しいものはかけがえなく、

普遍的であることを知る。


私たちは現代に生まれた音楽を、

30数年後に変わらず愛でていられるだろうか。



Gone Away - Roberta Flack
スポンサーサイト
  1. 2008/07/12(土) 22:20:03|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「I Came To Love You」 Booker T. Jones

東京も梅雨の出口が近づいたのか、

その湿度とともに気温が激しく上がりはじめた。

上空には梅雨前線特有の雷雲が張り出していた。


           sora.jpg



これだけのありえない蒸し暑さに毎日見舞われると、

体力を奪われることのないSoul Musicに触れたくなる。


Booker T. Jonesの「I Came To Love You (1981)」。


1970年代という時代を通り過ぎて、

1981年にLeon Wareが書き上げたこの曲は、

意外にも素直で柔らかく、

とてもスムーズだった。


音楽とはすべてが心奪われるものが良いとは限らない。

心身ともに弱っているときには身体に優しい食事を摂るように、

心を根こそぎ揺さぶられない音楽に触れたくなるときもある。


そして、妖怪の箸休めのような優しい曲に、

私は決して騙されることなく耳をゆだねた。


            bar1.jpg



年々東京の夏の暑さは激しさを増しているようだが、

この梅雨の終わりように、

今年はすでに抗うことをあきらめた。



I Came To Love You - Booker T. Jones
  1. 2008/07/05(土) 12:30:40|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

showzono

Author:showzono

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。