SOUL MUSICを聴こう

全ての汚れた同志たちに捧ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Can’t Hide Love」 Earth Wind & Fire

8月最後の金曜日、東京の空は荒れ狂い、

夕刻から深夜に渡るまで激しい稲光と地鳴りのような轟音に見舞われた。

私は清潔なエコイストではないので温暖化がどうのこうのと言うつもりはないけれど、

予報すら当たらない激しい夏の終わりの天気の連続に、

靴とスーツを濡らされることにはいささか我慢ができない。


           20080829.jpg



どうかしてるよね。

この東京の夏の終わりは。


自然の怒りとも言うべき嵐を安全な場所から望みながら、

Earth Wind & Fireの「Can’t Hide Love (1975)」に針を落とす。


私が思う最もEarth Wind & Fireらしい曲。

Maurice Whiteがこのバンドで築き上げたコンセプトを、

最も具現化した曲。


この世界観を知らずして、

このEarth Wind & Fireをただのディスコミュージックのバンドだと思っている人は、

多分、人生も無駄に過ごしているんだろうな。


Mary J. Brigeが近年カバーしたこの「Can’t Hide Love (2005)」にも耳を寄せたら、

晩夏の稲妻の轟音と

この曲の後半のスキャットが夜空に響き渡り、


              mary_j_blige400.jpeg


このMaurice Whiteという求道者の宇宙観を知らずして、

Earth Wind & Fireを語る者は、

この稲妻に打たれたらよいと思う。



Cant Hide Love (Live) - Mary J. Blige
スポンサーサイト
  1. 2008/08/30(土) 22:16:48|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「Remind Me」 Patrice Rushen

今年の夏最後の雨が降り注いだら、

東京は8月とは思えない涼気に包まれた。

行く夏を愛でる暇もなく、

10月中旬並みの気温に思わず身をひそめた。


            in the rain



Patrice Rushenの「Remind Me (1982)」に耳を傾け、

恨めしく窓の外に目をやる。


Patrice Rushenの歌声が聴けるのは、

1978年から1982年までのElektraレコード時代の作品だけ。

それから現代に至るまでのPatriceは本業のピアニストとして活動している。


「Remind Me」の乾いた音色が、

夏とは思えないこの涼気に合っていて心地よい。


ところでこの「SOUL MUSICを聴こう」がFC2ブログに移籍して1年が経ちました。

これからもこの徒然自慰的Soul Music論に引き続きお付き合いください。


            in the rain 2


Remind Me・・

そしてたまには思い出してください。



Remind Me - Patrice Rushen
  1. 2008/08/24(日) 13:02:35|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

「Caught Up In The Rapture」 Anita Baker

傍若無人な暑さも、

夜になるとその手を緩め、

夏の夜特有の匂いをあたり一面に撒き散らしていた。


懐かしいAnita Bakerの「Caught Up In The Rapture (1986)」に針を落とし、

Anitaの包むような声に身体ごと耳を預けた。


             anita_baker_3_500x616.jpg



20年前に私をSoul Musicの世界にいざなったこの曲は、

1986年というSoul Music不遇の時代に生まれたこの曲は、

時代が流れた現在も、

その不思議なまどろみをもって私の魂をゆっくりと横たわらせた。


「Caught Up In The Rapture」に触れたときに巻き起こるこの影の理由を、

この曲がなぜか私を曇らせてしまう理由を、

解き明かそうとする最中にこの曲はいつもフェイドアウトし、

また私はこの「Caught Up In The Rapture」に触れたくなる。


真昼の余熱を大量に含んだ東京湾にかかる橋は、

その美しいきらめきをその水面に写し出していた。


           anita.jpg



そしてこの曲はいつものようにフェイドアウトし、

この季節がゆっくりと終わりに近づいていることを静かに教えてくれた。



Caught Up In The Rapture - Anita Baker
  1. 2008/08/16(土) 20:56:12|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「You Sure Love To Ball」 Marvin Gaye

東京のありえない暑さに嫌気がさして、

夏という景色が一番美しい場所にたどり着いた。


           you sure love to ball


Soul Musicという音楽は決して涼しげな音楽とはいえないが、

この絹の声はそういう万事をいとも簡単に超越していた。


Marvin Gayeの「You Sure Love To Ball (1973)」に触れ、

このセンシュアル極まりないメロディーを、

頭ではなく、からだ全体に染みこませた。


本当に美しいもの。

それは全ての時刻、

全ての季節、

全ての時代、

全ての事柄をシンプルに飛び越えて、

触れた人間の魂にたどり着く。


           you sure love to ball3


私にとってMarvin Gayeの奏で出す音楽は、

そういうものなのだ。



You Sure Love To Ball.wma - Marvin Gaye
  1. 2008/08/09(土) 20:16:09|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

showzono

Author:showzono

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。