SOUL MUSICを聴こう

全ての汚れた同志たちに捧ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Who Would Have Thought」 Boyz II Men

このブログを始めてもうすぐ4年になるけれど、

1年間お休みをしていたから、

今回3回目のクリスマスを迎えた。


過去の2回のクリスマスと同様に今回もBoyz II Menの「Christmas Interpretations (1993)」についてご紹介しようと思う。

なぜ私がこの時期になるとこのアルバムしかご紹介しないかというと、

これ以外の「クリスマスアルバム」を知らないからである。


                boyziimenchristmasintervr3.jpg



クリスマスだからといって、

私には巷のクリスマスアルバムを聴きあさるような趣味がない。


以前にも書いたけれど、

13年前のクリスマスの日に、

当時まだお金のなかった私たちは小さなレストランを借りて結婚式をした。

そのときにこのアルバムの最後に収録されていたこの「Silent Night」が流れた。

低音部分を担当しているMichael McCaryの低い声が小さなレストランの窓ガラスを振動せていた。


私が懲りもせずこの曲をこの時期にご紹介する理由は、

この曲が私にとっての唯一のクリスマスソングだからなのである。


Whamや山下達郎さんのクリスマスソングで心がうずくほど、

私自身はもう若くないのである。


もしこの世界にクリスマスソングというものが本当に必要なら、

私のような屈折した人間でも一瞬にしてねじ伏せるものであって欲しいと思う。


                xmas_004.jpg



ここにお集まりいただいている方々にもこの一年間たくさんの出来事があったでしょう。

私自身にもたくさんの出来事がありました。

美しいSoul Musicでその全てを洗い流していただくことをおすすめいたします。

素晴らしいクリスマスをお過ごしください。


この曲を、

すべての汚れた同志たちに捧げます。


Merry Christmas・・





スポンサーサイト
  1. 2007/12/22(土) 22:55:35|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「Left Alone」 Frank McComb | ホーム | 「You Are My Starship」 Maysa>>

コメント

1年くらい前になるかしら、なにかの偶然または不思議なご縁で、「SOUL MUSICを聴こう」に出会いました。
この、ほかのとはどこともちがう、美しい、品格のあるブログに頭をがつんと殴られたような衝撃を受け、むさぼるように昔にさかのぼって読みました。このアルバムの存在を知ったのはそのときです。
知ってからもしばらく手に取る機会もなかったのですが、一ヶ月ほど前、ふと思い出し取り寄せ聴きました。たまに襲ってくる弱気な自分に負けそうになっていたときです。
月並みな言い方ですが、魂が震えました。
そうしてなぜもっと早く触れてみなかったのかと後悔し、また反対にこのタイミングで出会えたことに深く感謝しました。
すっかりオトナになってしまったけれど、まだ私はこんなにも感動している、ということをあじわえたからです。
アルバムを通して伝わってくる心の静かさ、慎み深さ、真摯さ。
ワタシは無宗教派ですが、決して宗教否定なわけではありません。人には宗教は必要なものではないかと考える人間です。音楽であれ、絵画であれこういう作品に触れるとなおさら思います。
>私のような屈折した人間でも一瞬にしてねじ伏せるものであって欲しいと思う。
私にも宝物のようなアルバムです。
showzonoさんありがとう。
ここに訪れる人々は、あなたの知らない間に
みなあなたの大切にして生きているいろんな美しくすばらしいものをいただいているのです、きっと。
今回もサイコーに素敵なクリスマスプレゼントをありがとう。

美しく飾られた夜の街、赤い包み紙の箱を抱えた親子。なかなかいいものですよね。
今年は私がしくじってとうとう子らにサンタさんの正体を見破られてしまいました(泣)。
でもやっぱり、子らが寝入った後枕元に小さなプレゼントをこっそりおいてやるつもりです。

Very Merry Christmas !!!
  1. 2007/12/24(月) 09:47:02 |
  2. URL |
  3. m-asa #-
  4. [ 編集]

m-asaさん、コメントありがとうございます

m-asaさん、メリー・クリスマスでございます。
イブの夜をいかがお過ごしですか?
長文のコメントありがとうございます。
このような駄文をクリスマスプレゼントとして受け取っていただいてありがとうございます。

美しい、品格のあるブログと過分なお褒めのお言葉ありがとうございます。私を個人的に知っている方々は、「美しい」とか「品格」という言葉と到底そぐわない私の姿をよくご存知です。(笑)
こそばゆいですが、ありがとうございます。

私自身はクリスチャンというわけでもなく、クリスマスに対する認識は標準的な日本人と何ら変わりはありません。ただし、クリスマスに結婚をしたことから我が家ではクリスマス=結婚記念日となっています。
そのときの想い出がこのアルバムを何度も懲りずに紹介させるのです。
「Soul Musicを聴こう」の古くからの読者の方々は、「またかいな?」でしょうが。(笑)

おっしゃるとおりこのアルバムはすごく真面目に作られたクリスマスアルバムですね。
心の静かさ、慎み深さ、真摯さが全編を支配しています。巷のクリスマスアルバムにありがちなMariah Careyのような軽薄さを感じ取ることはありません。

私自身は無宗教ですが、私にとっての宗教はやはり音楽でしょうか。
音楽に慰められ、元気づけられ、添い寝をしてもらい、時として音楽に傷つけられることもあります。ただ、音楽を好きなことで他人様よりは有益な人生を送れていると思い込んでいます。(笑)
まあ、「Soul Musicを聴こう」は私にとっての布教活動のようなものです。(笑)

今年はこのブログにとってもFC2への移籍など劇的な変化のあった年でした。
今後も引き続き更なるご愛顧いただきますようお願いいたします。

素晴らしい、クリスマス・イブをお過ごしください。
ありがとうございました。
  1. 2007/12/24(月) 21:15:16 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://showzono.blog108.fc2.com/tb.php/20-2adba05d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

showzono

Author:showzono

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。