SOUL MUSICを聴こう

全ての汚れた同志たちに捧ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Left Alone」 Frank McComb

年の瀬の今夜、私たちはまた丸の内に降り立った。

私が近年関心を寄せているFrank McCombの音を聴きたくて、

久しぶりにコットンクラブ東京の赤いじゅうたんを踏んだ。


              mccomb2.jpg



Frank McCombはStevie WonderやDonny Hathawayの影響を強烈に受けすぎて、

それが馬鹿正直に作品に投影されることから、

フォロワー(追随者)という印象が強いアーティストだが、

彼のキーボート・プレイは一見の価値がある。


ステージに程よく近い私たちのボックスシートから、

Fender Rhodes Pianoのセッティングがよく見える。


                mccomb.jpg



近年のアーティストに珍しくFender Rhodes Pianoに強いこだわりを持つMcCombは、

イフェクターをRhodesの上に何機も並べて、

曲目にあわせて拳でそれをたたいて甘やかな音色を奏で出していた。


美しく揺れるFender Rhodes Pianoの和音たちは、

耳から私に侵入し、

私の心も静かに震わせた。


私は思わず目を閉じて、

今年をこういう美しい音に包まれて終われる幸せを、

目に見えない存在に感謝した。


              mccomb3.jpg



冬の丸の内の夜景は、

David T. Walkerに会いにきた初夏の夜と違った姿をあらわにしていた。

「今年ももう終わるね・・・」

そんな他愛のないことをいいながら、

私たちは再び東京の雑踏に還って行った。







追記:

本年も「Soul Musicを聴こう」をご愛顧いただき誠にありがとうございました。
来年も引き続き、この屈折したSoul Music論にお付き合いくださいますようよろしくお願い申し上げます。


show-zono
スポンサーサイト
  1. 2007/12/30(日) 01:24:43|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<「What Are You Doing New Year's Eve」 Till Bronner featuring Frank McComb | ホーム | 「Who Would Have Thought」 Boyz II Men>>

コメント

Frank McComb
ローズの音色、ゆらぎ具合が私好みです。
ヴォーカルも素晴らしく、若手では注目している人です。
このタイトルの曲で1年を締めるのはShow-zonoさんらしいなと頬が緩みました。
今年は、貴ブログのお陰でしばらく眠っていたSoul Musicへの探究心が蘇り豊潤な音楽生活を送ることができました。
有難う御座いました。
やがて来る2008年もReal Lifeでは汚れ続けていくでしょうが、魂だけは垢を落としていきたいものですね。
よいお年をお迎え下さい。

  1. 2007/12/30(日) 17:57:13 |
  2. URL |
  3. white #JAgmjgN6
  4. [ 編集]

お久しぶりです。エキサイトブログ時代から読ませていただいております。
Frank McComb 名前だけは知ってはおりましたがはまります。


来年も深い深い世界へ導いてください。
では良いお年を。


  1. 2007/12/30(日) 18:39:50 |
  2. URL |
  3. momonga #-
  4. [ 編集]

show-zonoさん、こんばんわー。
マッコムさん、行ったんですねー。
私・・ほんと、彼の曲が好きで。。
行きたかったのですけど。。予定もあり、金銭もまわらずに。。諦めました・・

いいなぁ。。。ただただ。。羨ましい・・・

思えば、私もshow-zonoさんのこの場所に出会うまでの・・これまでは、約1年・・
ひそかに、こっそり、拝見していて、、
まさか、こうしてコメントを残せるような1年に。。
日々を重ねることができようとは・・想像がつきませんでした・・
ああ・・幸せ・・・とっても、嬉しく思います。
おつきあい頂き、有難うございました・・
来年も、show-zonoさんの世界へ足を踏み入れさせて頂きます・・
良いお年を・・・
  1. 2007/12/30(日) 22:19:02 |
  2. URL |
  3. JJ #-
  4. [ 編集]

whiteさん、コメントありがとうございます

>このタイトルの曲で1年を締めるのはShow-zonoさんらしいなと頬が緩みました。

whiteさん、ありがとうございます。理解していただける方がいるというのは嬉しく思います。(笑)

近年は本物のFender Rhodes Pianoを持ってくる気合の入ったプレイヤーが少なくなりましたね。席に着くなりRhodes Pianoのセッティングに目が釘付けになってしまいました。
久々に生の揺らぐRhodes Pianoの甘やかな音色に包まれました。

whiteさんもよいお年をお迎えください。来年も「ホーム&ヒューマン・ナビ」で楽しませてくださいね。
私の中ではライバル・ブログという位置づけですから。(笑)
  1. 2007/12/30(日) 22:31:14 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

momongaさん、コメントありがとうございます

お久しぶりです。FC2に移籍してからコメントをいただけるのは初めてでは?

Frank McCombは私もこの世紀に突入した頃から関心を寄せていたアーティストです。
ちょっと現れる時代を間違えたっぽいところが良いですね。(笑)

来年も引き続きこの屈折したSoul Music論にお付き合いくださいませ。良いお年をお迎えください。

  1. 2007/12/30(日) 22:34:55 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

JJさん、コメントありがとうございます

>いいなぁ。。。ただただ。。羨ましい・・・

JJさんのこのお言葉のあとにいいにくいですが・・
何は置いてもいくべきでしたよ。(笑)

マッコムさん・・っていうとなんだか違う人みたいですが・・。(笑)
McCombは想像はしていましたが素晴らしいですね。キーボード・プレイヤーとしても一流ですが、久々にこういう声を聴きました。
Stevie Wonderの影響を強く受けすぎていて、Stevieの曲も数曲プレイしていました。
「Super Woman」や「Ribbon In The Sky」はStevieが憑依しているのかと思うほどでした。

来年もこの屈折した世界へ足を踏み入れてくださいね。JJさんも良いお年をお迎えください。
  1. 2007/12/30(日) 22:42:29 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

こんな年の瀬になって、素晴らしいアーティストに出逢えるとは思いませんでした。

show-zonoさんが仰る通り「Stevie WonderやDonny Hathawayの」「フォロワー(追随者)という印象」は否めませんが、近年よく耳にする黒系のアーティストとは一線を画すアーティストのように思えます。

早くもハマってしまったのか、iTunes Storeで作品を買い漁っております。

息子たちには申し訳ないですが、お年玉を減らさざるを得ません…(笑)

来年も、この屈折した世界への誘いを楽しみにしております。
show-zonosaさんにとって、来年が幸多き年になりますように…。
  1. 2007/12/31(月) 10:50:47 |
  2. URL |
  3. hjm_ngok #-
  4. [ 編集]

一年の終わりに素敵な時間を過ごされたようでなによりです。
一年間お疲れさまでした。
来年も「屈折した世界」(←実際毎コメントにお書きになっているようですし)の、でもとっても素敵な「SOUL MUSIC を聴こう」を楽しみにしています。

どうかよいお年をお迎えくださいませ。
  1. 2007/12/31(月) 15:17:43 |
  2. URL |
  3. m-asa #-
  4. [ 編集]

hjm_ngokさん、コメントありがとうございます

私がこの世紀に入ってからMcCombに注目していた理由のひとつとして、
私の思うSoul Musicに限りなく近い姿を現代に具現化しているということです。
独特の普遍性を備えていますよね。StevieやDonnyの面影はぬぐいきれなくとも。Fender Rhodes Pianoの音色がそう感じさせてくれているのかもしれませんが。

hjm_ngokさんのお子さんに悪いことをしました。(笑) お年玉はきちんと差し上げてくださいね。

今年もあと4時間程度となりましたが。
来年もこの屈折したSoul Music論にお付き合いくださいませ。

よいお年をお迎えください。



  1. 2007/12/31(月) 20:32:37 |
  2. URL |
  3. show-zono #-
  4. [ 編集]

m-asaさん、コメントありがとうございます

本年はm-asaさんにこのブログを支えていただいたといっても過言ではありません。

このような独りよがりな戯言に最後までお付き合いいただいてありがとうございました。

>素敵な「SOUL MUSIC を聴こう」を楽しみにしています。

素敵とあまりいわれたことがありませんのでこそばいですが。

来年も懲りずにお付き合いくださいませ。
よいお年をお迎えください。
  1. 2007/12/31(月) 20:37:38 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://showzono.blog108.fc2.com/tb.php/21-c28b78ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

showzono

Author:showzono

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。