SOUL MUSICを聴こう

全ての汚れた同志たちに捧ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「What Are You Doing New Year's Eve」 Till Bronner featuring Frank McComb

正月というのは不思議な時間だと思う。

大晦日から日本人全体のボルテージが上がり、

東京の道路や交通機関はガラガラになる。

かといって私の場合正月に何をするというわけでもなく、

なんとなく過ごして終わる。

でも何故かこんな私も、あの一年の終わりと始まりを迎える時間は大切な人と過ごしたいと思う。

ただの1日の終わりと始まりを迎えるだけなのにね。


              til.jpg



Till Bronner(ティル・ブレナー)というジャズのトランペッターが2007年にリリースした最新作にこの曲が収録されていた。

「What Are You Doing New Year's Eve」。

この曲はジャズの世界では有名なスタンダード曲であるが、

前回ご紹介したFrank McCombがフィーチャーされていて、

とりとめもなく優しく洗練された「What Are You Doing New Year's Eve」になっていた。


一年の終わりと始まりを迎える時間は、こういう優しい音楽に包まれていたいと思う。


そして自分がこの一年間愛した人たちに思いをやり、

今頃何をしているのだろう?と思った。


そして新しい一年を迎え、

古い一年を洗い流した。


              初日の出



あなたはこの、一年の終わりと始まりに、

何をしていましたか?



スポンサーサイト
  1. 2008/01/05(土) 23:42:41|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<「Sideshow」 Blue Magic | ホーム | 「Left Alone」 Frank McComb>>

コメント

A Good Past…A Better Future

Frank Macombを聴いて思ったのは、
これは夜に聴く音楽ですね。
決して仕事中に聴くものではありません(笑)

年の終わりとはじまりに、
聴いた音楽なんて、ここ何年も思い出せないけれど、
今年聴いたものは覚えておきたいと思う。
ケイト・ウルフで終わりジョーンジズで始まったこの年がダークな色なのか、鮮やかな色が付くのか全て自分の思いが決めるのでしょう。
さてshow-zonoさんはどんな色になるのでしょうか?


  1. 2008/01/06(日) 22:35:29 |
  2. URL |
  3. white #JAgmjgN6
  4. [ 編集]

whiteさん、コメントありがとうございます

>これは夜に聴く音楽ですね。

特にこの「What Are You Doing New Year's Eve」はジャズのトランペッターではChris Bottiとならぶ伊達オトコと呼ばれているTill Bronnerの影響が強いですから、当然夜でしょう。

>さてshow-zonoさんはどんな色になるのでしょうか?

一年の終わりには汚れすぎてどんな色なのかわからなくなってしまっているでしょうね。(笑)
  1. 2008/01/06(日) 23:21:49 |
  2. URL |
  3. show-zono #-
  4. [ 編集]

Till Bronner

2~3年前にLeon Ware関連の話題で、MaxwellのSumthin'Sumthin'を引き合いにコメントした者です。

Till Bronner、素晴らしいチョイスですね。
Frank McCombも大変素晴らしいミュージシャンシップに溢れた人ですが(ライブも2度みました)、
Till Bronnerは抑制が効いていて大変都会的です。
どのアルバムもコンセプチュアルで良いのですが、Blue Eyed Soulというアルバムはまさに夜。
ソリッドで芳醇な味わいがあります。

※蛇足ながら私はマカオという俗世で新しい陽をみました。
 特別な人はいませんが、悪くはなかったですね。
  1. 2008/01/06(日) 23:28:27 |
  2. URL |
  3. Soul Beginner/24歳 #-
  4. [ 編集]

わ!これは、また、発掘の曲を発見!
頂きまーーす!

いつも、いつも、有難い!
show-zonoさん、あちらにもコメントしましたが、
今年も宜しくお願いします。

年末は、2pac年始は、なんと!
バーバラでした・・・
いいの中古で見つけたの!
今度、紹介しまーす!

  1. 2008/01/06(日) 23:30:33 |
  2. URL |
  3. JJ #-
  4. [ 編集]

Soul Beginner/24歳さん、コメントありがとうございます

2~3年前にLeon Ware関連の話題でコメントをいただいたのですね。その時点でSoul Beginnerとお名前が似合わないのがよく分かります。(笑)

Till BronnerはそのルックスからよくChris Bottiと並べ評されるようですが、仰るとおりソリッドで芳醇な味わいがありますね。ドイツ人プレイヤーでありながらこれほどJazzやSoul Musicを理解しているのも珍しいと思います。

マカオで新しい年を迎えられたのですね。
ここで書かれていることは私の一方的な私信ですので、特別な人がいらっしゃらなくともかまわないと思います。

ところで24歳というのは本当ですか?(笑)



  1. 2008/01/06(日) 23:54:26 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

JJさん、コメントありがとうございます。

JJさん、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

この「What Are You Doing New Year's Eve」は素敵ですよね。
このブログを4年間やってまして同じアーティストによるものを連続でご紹介したのは初めてですが、どうしてもこの時期にご紹介したかったのです。

  1. 2008/01/06(日) 23:58:31 |
  2. URL |
  3. show-zono #-
  4. [ 編集]

24歳、その前後が聴くSoul Music

本当に24歳です。
なぜならMaxwellのソングライターとしてLeon Wareを知り、Frank McCombの1stアルバムもほぼ同時期に聴いていました。
加えて、基本的に私の前後の世代には、ヒップホップが根底にあるとイメージしてもらっていいと思います。
Till BronnerのBlue Eyed Soulにも確実にそのエッセンス(そしてぎこちないクロスオーバーに終わらない)がある。
Tillにシンパシーを感じる理由のひとつです。

Chris BottiはJill Scottと競演したGood Morning Heartacheという曲も素晴らしいですね。酔わせる雰囲気です。
これも更に言えば、Jill Scottも私の世代の青春になるのだと思います。

自分語りになってしまいましたが、show-zonoさんのオープンマインドな精神と私の日常が交差している様で嬉しかったのでコメントしました。
音楽をゆっくり聴ける時間は貴重ですね。忙しいほどそのように思います。
それでは、失礼しました。
  1. 2008/01/07(月) 01:10:37 |
  2. URL |
  3. Soul+Beginner/24歳 #-
  4. [ 編集]

Soul+Beginner/24歳さん、再度のコメントありがとうございます

本当に24歳なのですね。(笑)

なぜそんなことを聞いてしまったかというと、あなた様のコメントから匂い立つ音楽への普遍的な愛情、美しい音楽を理解する感性、そして知性のようなものを感じ取ることが出来たからです。
現代のお若い世代の方の中にもあなた様のようなかたいらっしゃるということに少なからず驚きと喜びを感じました。

Jill Scottは私のような年代がバーボンを味わいながら愛でるシンガーと思っておりましたが、それを青春とおっしゃる感性に恐れ入りました。(笑)

またChris BottiやTill Bronnerなど、Soul MusicやR&Bの枠組にとらわれずクロス・オーバーと呼ばれる音楽にも一定の見識をお持ちであることにも驚きました。

あなた様のような若い世代の方にもご覧いただけるのであれば、もっと真剣に書かねばと思ってしまいました。

あと私オープンマインド加減はあなた様と引けはとりませんよ。(笑)
  1. 2008/01/07(月) 23:05:36 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

あけおめでございます。

毎年ですが、大晦日は子らと夜更かしです。
そんなことができるのはこの日だけですよね。いつもは「早く寝なさい」だもん。
お節に入れる出し巻き焼きながら、水菜をすすぎながら、そばにいる子らと一緒にテレビをいつまでも見て大笑いして過ごしました。
幸せです。

拝聴。
やさしい音楽をありがとう。
ほっとしています。

ことよろ、でございます。
  1. 2008/01/07(月) 23:26:14 |
  2. URL |
  3. m-asa #-
  4. [ 編集]

m-asaさん、コメントありがとうございます

m-asaさん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

私は母子家庭のような環境で育ち、子供の頃の大晦日は母親と2人の姉とレコード大賞→紅白→行く年来る年を観ながら、いつもより美味しいものを食べて年を越していました。幸せでしたね。

現代はそんな年越しの仕方をしなくなりましたが、せめて優しい音楽に包まれながら年を越すようになりました。

ほっとしていただけてよかったです。

本年も「Soul Musicを聴こう」をご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

  1. 2008/01/08(火) 00:27:58 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://showzono.blog108.fc2.com/tb.php/22-86f5224d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

showzono

Author:showzono

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。