SOUL MUSICを聴こう

全ての汚れた同志たちに捧ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「I Came To Love You」 Booker T. Jones

東京も梅雨の出口が近づいたのか、

その湿度とともに気温が激しく上がりはじめた。

上空には梅雨前線特有の雷雲が張り出していた。


           sora.jpg



これだけのありえない蒸し暑さに毎日見舞われると、

体力を奪われることのないSoul Musicに触れたくなる。


Booker T. Jonesの「I Came To Love You (1981)」。


1970年代という時代を通り過ぎて、

1981年にLeon Wareが書き上げたこの曲は、

意外にも素直で柔らかく、

とてもスムーズだった。


音楽とはすべてが心奪われるものが良いとは限らない。

心身ともに弱っているときには身体に優しい食事を摂るように、

心を根こそぎ揺さぶられない音楽に触れたくなるときもある。


そして、妖怪の箸休めのような優しい曲に、

私は決して騙されることなく耳をゆだねた。


            bar1.jpg



年々東京の夏の暑さは激しさを増しているようだが、

この梅雨の終わりように、

今年はすでに抗うことをあきらめた。



I Came To Love You - Booker T. Jones
スポンサーサイト
  1. 2008/07/05(土) 12:30:40|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<「Gone Away」 Roberta Flack | ホーム | 「Fall In Love Again」 Marvin Gaye>>

コメント

今日の当地は東京同様とても蒸し暑く、初めてクーラーを点けました。
81年というと『Leon Ware』の前年で、どこかそれらしい雰囲気を感じさせる曲ですね。
妖怪の箸休めというには、あまりにも出来のよい曲じゃないでしょうか(笑)
この曲が持つ聴き易さに、決して騙されない・・・・
流石ですね。
  1. 2008/07/06(日) 00:00:24 |
  2. URL |
  3. white #JAgmjgN6
  4. [ 編集]

whiteさん、コメントありがとうございます

このあり得ない蒸し暑さは仙台の地まで届いているのですね。

おっしゃるとおりこの「I Came To Love You」は、「Leon Ware (1982)」の前の年の作品で、AORというフィールドに接近したテイストになっていますね。
ただ大事なのは騙されないことです。いずれまた現れる妖怪の本領も見るまでの箸休めのような時期だったのでしょうか。
  1. 2008/07/06(日) 20:45:00 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

「show-zonoさんは夏は苦手でいらっしゃいますか?」と書こうと思いましたが、近年の尋常ではない暑さ。もはや好きとか嫌いとかのレベルではないでしょうね。

俺個人としてはは暑い夏が好きなんです。暑ければ暑いほど心が落ち着くんです。もっとも、寝る時以外を除いては。

「I Came To Love You (1981)」

とても心地よい曲で、すいません、俺レベルではコロッと騙されてしまいそうです(笑)。それも経験かと。
  1. 2008/07/06(日) 21:12:46 |
  2. URL |
  3. staygold #cL7PnxO2
  4. [ 編集]

staygoldさん、コメントありがとうございます

夏は好きなんです。昔から。
でもおっしゃるとおり最近は好きとか嫌いとかのレベルを超えていて辛いという感じになってきていますね。(笑)

「I Came To Love You」はおっしゃるとおりとてもスムーズで心地よさのようなものまで感じさせる曲です。

音楽と女性にはわざと騙されてみるのも良いのかもしれませんね。(笑)
  1. 2008/07/06(日) 23:09:50 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

こんな夜は・・・

嘘で固めた世界に浸るのも良いのかもしれません。
なぜならば、嘘で固めた世界に浸りたいと思うのは、
真実を知っているから。

そういう者同士だからこそ、ヒネた曲が素直に心に沁みるのです。

・・・よね?
  1. 2008/07/07(月) 00:30:32 |
  2. URL |
  3. LunaFake #O29u9ePU
  4. [ 編集]

あらら、すっかり、この曲、わたしは、、
溶けてしまったのですが。。


だめです、だめです。。
show-zonoマジックです。。。

この夕暮れにこのお写真とこのナンバーであれば、
騙されてしまいますょ。
ふ~~~ぅと、熱いため息ももれてしまいます。
  1. 2008/07/07(月) 11:47:22 |
  2. URL |
  3. JJ #-
  4. [ 編集]

LunaFakeさん、コメントありがとうございます

嘘で固めたわけではなかったのでしょうけど。(笑)

この頃のLeon WareはAORのフィールドに接近しようとしていましたね。
Marvinの「I Want You」や自身の「Musical Massarge」など珠玉の世界観を築き上げた70年代を通り過ぎて、この時代のニーズに応えようとしていたのかもしれませんね。
オトナの世界では当たり前のことです。(笑)

でも烙印がぼやけて見えるというか、
彼の本領を知っていればこそこの曲を愛でられるのだと思います。
  1. 2008/07/07(月) 22:20:12 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

JJさん、コメントありがとうございます

だまってこの曲を素直にご紹介できたら、JJさんのようにはじめてこの「I Came To Love You」に触れる方はもろ手を挙げて溶けていただけるのかもしれません。(笑)

「I Came To Love You」
(君を好きになった)

というロマンティックな曲です。

そして妖怪の箸休めです。(笑)
  1. 2008/07/07(月) 22:25:12 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://showzono.blog108.fc2.com/tb.php/47-94061221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

showzono

Author:showzono

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。