SOUL MUSICを聴こう

全ての汚れた同志たちに捧ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Caught Up In The Rapture」 Anita Baker

傍若無人な暑さも、

夜になるとその手を緩め、

夏の夜特有の匂いをあたり一面に撒き散らしていた。


懐かしいAnita Bakerの「Caught Up In The Rapture (1986)」に針を落とし、

Anitaの包むような声に身体ごと耳を預けた。


             anita_baker_3_500x616.jpg



20年前に私をSoul Musicの世界にいざなったこの曲は、

1986年というSoul Music不遇の時代に生まれたこの曲は、

時代が流れた現在も、

その不思議なまどろみをもって私の魂をゆっくりと横たわらせた。


「Caught Up In The Rapture」に触れたときに巻き起こるこの影の理由を、

この曲がなぜか私を曇らせてしまう理由を、

解き明かそうとする最中にこの曲はいつもフェイドアウトし、

また私はこの「Caught Up In The Rapture」に触れたくなる。


真昼の余熱を大量に含んだ東京湾にかかる橋は、

その美しいきらめきをその水面に写し出していた。


           anita.jpg



そしてこの曲はいつものようにフェイドアウトし、

この季節がゆっくりと終わりに近づいていることを静かに教えてくれた。



Caught Up In The Rapture - Anita Baker
スポンサーサイト
  1. 2008/08/16(土) 20:56:12|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<「Remind Me」 Patrice Rushen | ホーム | 「You Sure Love To Ball」 Marvin Gaye>>

コメント

ふ~~、私も、この暑さがいづれ和らぐときに思う寂しさを今日、ふと考えておりました。

懐かしい曲ですね。
この曲を聴いていた頃は、タワーレコードを何度も通っていた都内の風景を思い出します。
ホイットニーや、ボビーブラウンや、夏の日差しもこんなに暑くなくて、程よい南風と北風が袖の間を心地よく通り抜けてくれていた昭和です。

あの頃は、夏がほんとに大好きでした。
そして、夏を毎年、待ちわびていたのです。
  1. 2008/08/17(日) 02:37:22 |
  2. URL |
  3. JJ #-
  4. [ 編集]

JJさん、コメントありがとうございます

懐かしいですよね。
以前にこの「Caught Up In The Rapture」を取り上げたときも書きましたが、大学生の頃FENという横田基地から発信される米軍のラジオ局で私は初めてこの曲と出会いました。
おっしゃるとおり、時代的にはこのあとBobby BrownやKeith Sweatが出てきてR&Bの世界はしばらくNJSの時代に入っていくのですが。

私も夏と季節が好きな人間ですがこれだけ暑いと辛いですね。
今日はなんだか過ごしやすい気温でしたけど。
この季節も終わりに近づいているようですね。
  1. 2008/08/17(日) 20:30:09 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

晩夏ですね

夏の終わりに聴くと、何だか色々と思い出してしまう曲ですね。

夏に始まったSweet Loveも終わる頃ですし… 切ない季節です。

  1. 2008/08/18(月) 00:00:50 |
  2. URL |
  3. LunaFake #XMatgrFs
  4. [ 編集]

LunaFakeさん、コメントありがとうございます

LunaFakeさんや私のような年代の人間にとっては懐かしい曲であり、なんだか色々と思い出してしまう曲かもしれませんね。(笑)

この曲がリリースされてから22回目の夏も閉じようとしています。切ない時期ですね。
  1. 2008/08/18(月) 00:09:46 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

重ね重ね・・・

何度もコメントしてスミマセン・・・

懐かしくて、ついつい・・・・・
なんか、「あの頃」とついつい語りたくなる曲ですねぇ(笑)

アニタは私にとっても、思い出深い歌手の一人です。ソウルミュージックというくくりには疎い私にも、「A.O.R」(アダルト・オリエンテッド・ロック」という分類で発売されていた楽曲に興味を持ちはじめたきっかけとなったアーティストでした。

この曲や、「Sweet Love」、「Talk to me」など、女心をくすぐる音楽の数々、当時は意味もわからず「良いなぁ~」と分かったようなことを言っていたような気がします。

「Talk to me」の~what's wrong ,wrong with you~と言った女性の心境を穏やかに歌った曲を何度も何度も聴いたものでした。

いやあぁ~、懐かしいなぁ~。すみません、今夜もバーボンで夜更かしコースです(笑)


  1. 2009/02/24(火) 00:37:25 |
  2. URL |
  3. gochi #-
  4. [ 編集]

gochiさん、コメントありがとうございます

>重ね重ね・・・
>何度もコメントしてスミマセン・・・

いえいえ私も楽しくお付き合いさせていただいております。

この「Soul Musicを聴こう」は2007年の8月からはこのFC2ですが、その前の3年間はexciteブログで書いていまして、実はこの「Caught Up In The Rapture」について書いたのは2度目でした。

それだけこの曲が好きというよりも、
思い出深いというほうが正しいかもしれません。

私が大学生のときにFENという東京郊外にあった米軍基地から発信されるラジオ局の深夜放送で初めてこの曲に触れました。

そういう意味では私にとっても「あの頃」なのです。

gochiさんは女性でありながらバーボンの使い手ですか。

バーボンに一番会う音楽はSoul Musicだと思っています。

今夜も酔いしれてください。

  1. 2009/02/24(火) 23:29:25 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://showzono.blog108.fc2.com/tb.php/50-4e5b0939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

showzono

Author:showzono

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。