SOUL MUSICを聴こう

全ての汚れた同志たちに捧ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Wanna Be With You」 Earth Wind & Fire

Earth Wind & Fireの「Raise! (1981)」を手にとり、

オトナなら裏口から入ろう。


このアルバムの正門は、「Let’s Groove」。

裏口は、「Wanna Be With You」である。


以前にも書いたが、

Earth Wind & Fireというグループの作品には必ず、

正門と裏口がある。


              Raise!.jpg



正門はビジネス・ゲート。

裏門がアーティスト・ゲートである。


Earth Wind & Fireを率いるMaurice Whiteという人物は、

それだけ優れたビジネスマンであり、

洗練されたアーティストなのである。


「Wanna Be With You」に針を落としたら、

眼から照準を外し、

酒を煽ろう。

そして、オトナとしてEarth Wind & Fireに接しよう。


この曲の際限ないロマンティシズムを味わいながら、

それを支える彼らの技術の高さに感嘆しよう。


ブラス・セクションのタンギングにうなり、

Virdine Whiteのベースのスライドに耳を這わせ、

1981年の作品とは思えないその音質、クオリティの高さにため息をつこう。


              KC360011.jpg


              
そして最後は甘い気持ちになれたことを、

天空の女神に感謝しよう。


それが私がお奨めする、オトナのEarth Wind & Fireの楽しみ方でございます。


Wanna Be With You.wma - Earth, Wind & Fire
スポンサーサイト
  1. 2007/09/15(土) 20:22:25|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<「Time, Fire & Space」 Cameo | ホーム | 「Stay With Me」 DeBarge>>

コメント

おはようございます。

裏門、正門。。私は、もしかしたら、エスケープして、塀とよじ登ってきたほうかもしれません。。あは。

EW&Fは、私の姉御がよく、聴いていて、四六時中耳に馴染んでいたように、思えます。

なので、車の教習場通っていた時に、送迎は、姉のファンキー好きに洗脳されてました。
なので、第三京浜は、EW&Fロード化、モーリス・Wの曲聴かされてました~。

でも、show-zonoさんが紹介しているこの曲は、
聴いたことがなかったですね~。

とても、新鮮デス*^^
81年作~~?でしたか~~??
えぇ~~ビックリ★
こう、思うと、そそそ、しっかり、アルバム全曲聴けていなかった貴重な良作って、案外、ありそうですね~。ん~~、これは、大発見っ!
  1. 2007/09/17(月) 10:44:45 |
  2. URL |
  3. JJ #-
  4. [ 編集]

JJさん、コメントありがとうございます

そうですか。塀をよじ登ってこられましたか。(笑)

ファンキー好きの御姉様は、間違いなく正門から入られたようですね。
ただし、どちらが良いというわけでもなく、正門から多くの方々は入っていただけることで、彼らののビジネスが成り立ち、裏門が用意されるわけです。決して正門から入られる方々が悪いといっているのではありません。

でもオトナになったら裏門から入ろうという、私の独断と偏見に満ちたご提案なわけです。

新鮮に感じていただけたのであれば、JJさんもオトナの仲間入りですね。(笑)

ちなみに裏門と呼ばれる曲は、決してベスト盤などには収録されていませんので、アルバムを全部聴いていくしか発見の方法はありません。

Earth Wind & Fireは名曲の宝庫です。
  1. 2007/09/17(月) 19:56:52 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

Sweeter than Chocolat

Earth Wind & Fire・・・
SeptemberやGet awayで「80'sノリノリ~!」もいいでしょうが・・・

酒をチビりと舐めながら、そっち側の音にどっぷり浸かれば・・・ 何故だが酒は甘くなる・・・

酒と音楽はワタシの「甘露で淫靡な快楽」

あ~・・・・ show-zonoさんっっ!!!(号泣)
  1. 2007/09/19(水) 01:40:06 |
  2. URL |
  3. LunaFake #XMatgrFs
  4. [ 編集]

LunaFakeさん、コメントありがとうございます

>SeptemberやGet awayで・・

思いっきり正門ですね。(笑)

確かに、良質なSoul Musicは酒を甘くしますね。
「甘露で淫靡な快楽」を貪りながら、眼から照準を外す。
これがオトナのSoul Musicの楽しみ方かもしれません。

Soul Barの大きなスピーカーで「After The Dance」を愛でながら舐めるバーボンは一層甘みが強いようです。

もう少し我慢できますか?
  1. 2007/09/19(水) 22:40:03 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

PCがぶっつぶれてしまいまして、ご無沙汰をしてしまいました。皆勤賞をねらってますのに。
Earthとの長い付き合いの途中、モーリスが出したソロアルバムを聴いてわかったことがありました。
とてつもないほどのセクシーさです。くどいくらいの。
それから私のEarthの聴き方が変わりました。
このアルバムが私のEarthのアーティスト・ゲートへと導いてくれました。
以前、「色気」のない人も音楽も興味ないとコメントさせていただきました。Earth、とりわけMaurice Whiteはムーディ勝山など足もとにも及ばないNo.1ムーディスト。彼を、彼の音楽を私愛しておりますのよ。
  1. 2007/10/08(月) 09:05:52 |
  2. URL |
  3. m-asa #-
  4. [ 編集]

m-asaさん、コメントありがとうございます

PCが壊れたのですか?
だめですよ、PCが壊れたらインターネットカフェででも読んでいただかないと。(嘘です(笑))

Mauriceのソロは「I Need You」が収録されているものでしょうか?
実は英国で読んでいただいてるブロガーの方と「I Need You」について書く約束を1年前にしているのですが、未だに果たせずにいます。

Mauriceの声の色気は確かに強いですね。
ムーディー勝山もあの若さではなかなかのものですが、やはりMauriceの足元にも及ばないようです。
  1. 2007/10/08(月) 19:08:39 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://showzono.blog108.fc2.com/tb.php/6-eb4d49b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

showzono

Author:showzono

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。