SOUL MUSICを聴こう

全ての汚れた同志たちに捧ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Sweet Baby」 George Duke

東京も秋が刻々と深まり、

表参道の木々の色彩からは緑が薄れはじめた。


なんとなく気弱になり、

めったにターンテーブルに乗ることのないGeorge Dukeの盤を手にとる。


             george duke


Stanley Clarkeとのコラボレーションによる名曲である「Sweet Baby (1981)」が、

2006年にリリースされた「In A Mellow Tone (2006)」のなかで

George Duke自身による弾き語りというかたちで蘇生されていた。


70年代から80年代にかけてのGeorge Dukeはブラックフュージョン界の先鋭キーボーディストであったけれど、

今の彼は純粋なひとりのピアニストなんだろうな。


そして私にはハンディ・キーボードをぶん回していた絶頂期の彼よりも、

この「Sweet Baby」を弾き語っている現在の彼のほうが、

なぜか素敵に見える。


この再生された「Sweet Baby」が最も似合う季節にこの曲に触れてしまい、

そんなことを思ってしまった。


             george duke2


私はこのGeorge Dukeのように、

年齢を重ねていけるだろうか。



Sweet Baby - George Duke
スポンサーサイト
  1. 2008/11/15(土) 19:55:30|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<「Misty」 Nancy Wilson | ホーム | 「Sexy Cinderella」 Lynden David Hall>>

コメント

show-zonoさん・・こんばんわー

ぅわー、懐かしい曲・・・
原曲よりも、枯葉がおちてゆく秋にふさわしい
静かなバージョンですね・・Dukeさんの新作は、最近、買ってませんでしたので。。
原曲はもっと、ピアノの打ち込みが力強かっただけに、、、穏やかな気持ちで聞けました・・
どちらも、好きな曲です・・・
  1. 2008/11/15(土) 21:52:03 |
  2. URL |
  3. JJ #-
  4. [ 編集]

JJさん、コメントありがとうございます

懐かしいですよね。
ただ27年の時を経て円熟した「Sweet Baby」は
よりこの晩秋の季節に似合う曲になりました。
こういう円熟味をだせるようにお互い年齢を重ねたい
ものですね。
  1. 2008/11/16(日) 00:14:13 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

こんなヴァージョンが世に出ていたのですか。知らなかった。悔しい。amazon行かないと(汗)。

>そして私にはハンディ・キーボードをぶん回していた絶頂期の彼よりも、

>この「Sweet Baby」を弾き語っている現在の彼のほうが、

>なぜか素敵に見える。

本当そう。すごい。ぐっときました。
原曲の懐かしさに。
シンプルなアレンジからあふれる重みと温かな声に。

歳を重ねるということはとても素敵なことだと教えてくれています。
あの頃
私たち(←とあえて言わせていただきます笑)がとても若かった頃
心躍らせてくれたアーティストが
こうしてかっこよい姿をみせてくれるのって嬉しい。
また心を揺さぶられてしまった。
ありがとう。show-zonoさん。
  1. 2008/11/16(日) 08:56:45 |
  2. URL |
  3. m-asa #k4p9tOO6
  4. [ 編集]

恥ずかしながら初めて聴きましたが(すみません)。

とても素敵です。

動きを止めて聴き入ってしまいます。

深みがあって角がとれた、とろりとしたお酒のような味で。

酔いますね。
  1. 2008/11/16(日) 14:29:38 |
  2. URL |
  3. Ray #-
  4. [ 編集]

m-asaさん、コメントありがとうございます

こんなことをいうとどうかと思いますが、私自身にとって81年の原曲についてはあまり好きな曲ではありませんでした。なんだかベタなバラードというイメージがありまして。
あの私達が若かった時代からすでに27年が経過して熟成された「Sweet Baby」に触れてこの曲が初めて私の中に浸透してきたというのが正直なところです。

過去の先鋭のキーボーディストはこうして時空を超えてまた私の前に現れたのです。
ピアノの弾き語りで再び私の前に現れたこの曲は、私にこの「Sweet Baby」という曲がこんなにも美しいものであったということを静かに知らせてくれました。

年齢を重ねることの美しさ、素晴らしさをGeorge Dukeはこの曲を持って私に教えてくれたのです。

この季節に合う名曲ですね。
  1. 2008/11/16(日) 19:10:00 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

Rayさん、コメントありがとうございます

別に恥ずかしくはありませんよ。(笑)
この「Sweet Baby」に動きをとられ聴き入ってしまわれたことにRayさんご自身の美しい音楽を愛でる心を強く感じます。

>深みがあって角がとれた、とろりとしたお酒のような味で。酔いますね。

それはもう27年も熟成したのですから。(笑)
  1. 2008/11/16(日) 19:13:43 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

澄み渡る美しい曲ですね。
ソファーにゆったりともたれながら聴き入りました。
今晩はぐっすりと眠れそうです。
ありがとうござました。
  1. 2008/11/20(木) 01:20:01 |
  2. URL |
  3. staygold #WYTiEdmk
  4. [ 編集]

staygoldさん、コメントありがとうございます

歳を重ねて感じうるもの。
歳を重ねて表現できるもの。
それぞれを知りうる歳の重ね方をしたいものです。
この音色に包まれてぐっすりと寝てください。
Soul Musicとは美しい音楽なのです。
  1. 2008/11/22(土) 00:51:48 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://showzono.blog108.fc2.com/tb.php/63-644cb656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

showzono

Author:showzono

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。