SOUL MUSICを聴こう

全ての汚れた同志たちに捧ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Time, Fire & Space」 Cameo

季節が移ろい始めても、

東京の西日はまだ突き刺さるようだ。

猛スピードで走っていた車が、

急停止したあとの揺れのようなものを、

今は感じている。


感傷的になりやすいこの季節に、

その感傷をあおるかのように、

この曲が聴こえてくる。


              yuugata.jpg



Cameoの「Time, Fire & Space (1990)」。


Cameoほど誤解を招きやすいグループも少ないだろう。

彼らには、ストリート系の猥雑な音楽の印象が一般的には強いようだが、

それは事実と全く違う。


音楽に対しても人間に対しても、その奥底にあるものに手を伸ばさないと、

必ず失敗する。


それが出来ない人間が多いから、

多くの人が、本当に美しいものに触れる数少ない機会を逸してしまうのだと思う。


美しい音楽と出会うということは、

自分自身の眼と耳と、

心を磨くことなのだと思う。


              show16.jpg



Cameoを「Word Up! (1986)」のイメージだけで捉えていた人がいるとしたら、

この「Time, Fire & Space」に触れて、

ひとしきり反省してみましょうか。




スポンサーサイト
  1. 2007/09/23(日) 00:04:00|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「Let Me Love You」 Rena Scott | ホーム | 「Wanna Be With You」 Earth Wind & Fire>>

コメント

ぶっといごっつい音楽を欲して"Cameo"というノリで「Real Men ... Wear Black」を手にしたらとんでもない裏切りに会いますね。
かわいい男たちです。
  1. 2007/10/08(月) 09:22:16 |
  2. URL |
  3. m-asa #-
  4. [ 編集]

m-asaさん、コメントありがとうございます

反省いていただけたかたがいらっしゃらなくて、あやうくこのポストが放置されるところでした。(笑)

こういう落差に惹かれますね。彼らはこの「Time, Fire & Space」以外にも美しい曲が割りと多いですね。
人間を安易に外見で判断すると、美しい曲に出会うことすらできないようです。
  1. 2007/10/08(月) 19:02:22 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://showzono.blog108.fc2.com/tb.php/7-85ad2ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

showzono

Author:showzono

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。