SOUL MUSICを聴こう

全ての汚れた同志たちに捧ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「At The Concert」 Michael Henderson

地を這うようなテナーサックス。

宙を舞うハモンド・オルガン。


この曲がリリースされた1977年という年代のもつ影というか、

暗さというか、

屈折感とでもいうべきか。



            GINZA Sバックバー



この21世紀にようやくオトナの年齢にたどり着いた私などでは、

語りつくせないほど悩ましいほどにオトナな曲である。


Michael HendersonとRoberta Flack。


彼らの価値が最も高かったこの時代に生まれたこの曲は、

デュエットなどという陳腐なものではなく、

Soul Musicという名の性技のように聴こえた。


このMichael Hendersonの「At The Concert (1977)」に脳髄を揺らされ、

酒がカラダをめぐり酩酊してきた。



            thumb5.jpg



携帯電話から運転代行業者を呼び、

私は安心してアウトロのサイレンサートランペットに身をゆだねた。


こういうSoul Musicは一種の麻薬なのだと思う。





At The Concert - Michael Henderson
スポンサーサイト
  1. 2009/06/13(土) 21:39:05|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「Ben」 Michael Jackson | ホーム | 「Too Shy To Say」 Keiko Lee>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://showzono.blog108.fc2.com/tb.php/80-8beda7cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

showzono

Author:showzono

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。