SOUL MUSICを聴こう

全ての汚れた同志たちに捧ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Ben」 Michael Jackson

昨日、Michael Jacksonが死んだ。


TVのワイドショーでは、このニュースと、

評論家だか文化人だか知らないが中途半端な評論や推論にあふれていた。


不愉快だった。



            070928mjackson.jpg



Jackson 5 時代の「I Want You Back」のビデオ・・

Thrillerのプロモーション・ビデオ・・

整形手術の遍歴・・

幼児虐待や彼が抱える借金のニュース・・


天才を凡人が偉そうに語る姿というのはまさしく愚の骨頂である。


笑うしかない。


Michael Jacksonというシンガーがどういう音楽ジャンルから派生して、

彼がSoul Musicという音楽に与えた影響などについて、

語る輩は誰もいない。



熱烈なファンという人々が泣きじゃくっている。

悪いけどヘドが出そうだ。

彼らは本当にMichael Jacksonを愛していたのだろうか。

Michael Jacksonの何を愛していたのだろうか。


彼の死と直面して、

残念なことに悲しみより圧倒的な不愉快さに支配されてしまった。



              BEN.jpg



Michael Jacksonの「Ben (1972)」。


彼の残したこういう美しいSoul Musicを真摯にとりあげたメディアがあれば、

私も人並みに、

悲しみにふすことができたかもしれないのだけれど。




「Ben (1972)」 Michael Jackson
スポンサーサイト
  1. 2009/06/27(土) 21:03:01|
  2. Soul Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<「Queen Of My Heart」 DeBarge | ホーム | 「At The Concert」 Michael Henderson>>

コメント

こんにちわ

show-zonoさん、ご無沙汰です。
彼は、もう、この世に居ないんですね・・
今だに、まだ、信じられないのですが、、
わたしは、彼の音楽にこれまで、触れたことはありませんでした・・うん・・ほんとに。
ずっと、新しいアルバム制作にいまかいまかと、誰がプロデュースされ、、などど、気にかけてはいたものの・・聴くのは、この数年間、Jackson 5の曲だったり、カバーをする人たちの歌だったり、、うん、マイケルの曲は既に、幼いころに身体に沁みついてしまったばかりに、聴きすぎた感はあったのかも。
私はスリラーから、あの時代、姉と聴きだし、同じ時代に一緒にすげぇーと感動し、彼の歩みを見てこれた。ただ、それだけが、私の財産に思えます。
見てこれたってこと。彼はやっぱり、凄かったもの。だから、当時を知らない人は、ただの整形お化けとか言う人もいて、なんら、おかしくないって思えて、、
ああ・・言葉にすると、とても、難しい・・
ほんとは、たやすくいえる言葉なんだろうけど、、、
私は、彼の悲報を聞いて、涙がこぼれてしまった。。
一日中、彼のこれまでの映像・音楽、たくさん、与えてくれたいくつもの愛を含めて、、無気力になってしまった・・なんでこうさせるのだろ?って思った。
整形したことによって、いろいろ、たたかれるゴシップはいっぱいあったけど、彼のそのスタイルは、今となれば、ずっと、衰えも感じさせないぐらい、トレードマークとなった黒いハットも、いまだ、嗚呼ーマイケルだーと思え、わたしの中では変わらず、そこに居てくれた・・元気に生きてくれている、王子様のままだと思えてしまうぐらいに、、私には、どんな訴訟も、ぶれずに彼を見ていたからだと思うのです。
ぁ・・なんだか、、たくさん、いいたいことがありすぐて、言うことがまとまらなくて、何度も打ち直してます。。ごめんなさい。彼が子供好きっていうのは、子供好きの前に、彼が同世代の子たちと遊べなかった普通の時間がただ、なかった、、ただ、それだけと思っています。大人は、みな、奇行という言葉で、処理するけど、奇行といわれるまでの、世の中、マスコミが伝えたことは、じゃ、奇行的な行為じゃなかったの?って思うときもあります。世の中は曲がっているし、もっと、ゆがんで見えるし、普通って、果たして何?って、、ぁ・・だから、うん、最後は、私も何も言うまでもないんですけどね、、彼は永遠っていいたいだけで、、ずっと、世界中のみなの心に生きつづけていくと思ってます。ごめんしゃい、、長くて・・
  1. 2009/06/28(日) 13:25:42 |
  2. URL |
  3. JJ #uaEPGmqY
  4. [ 編集]

今宵は黙って

マイケルが残した「Soul Musicをきこう!」ですな。

彼のSoul Musicを聴けば、その素晴らしさについ踊り出しますが、曲が終わると偉大なる喪失感に泣けてきますね。
  1. 2009/06/28(日) 15:06:42 |
  2. URL |
  3. LunaFake #O29u9ePU
  4. [ 編集]

ああ「Ben」聴きたかった。

ずっとずっと以前
音楽好きの知り合いに
「『Ben』はいい。すごくいい。」
と、教えられたことがありました。
けれども、その言葉だけは覚えていて
これまで聴く機会がありませんでした。

よかった。
やっと聴けた。

金曜日の朝一番のニュースで知ってから
さっきまでの
ざわざわな気持ち
どんよりした気持ち
ムカムカする気持ち
やるせない気持ち

このポストのおかげで
そうしたもやもやがおさまって
ようやく
Michael Jacksonという宇宙を
懐かしみながら
味わうことができました。
そうして
よりマイケルが好きになっています。

「Ben」
とても美しい。

マイケルさよなら、なんですね、show-zonoさん。
本当なんだな、本当に。

  1. 2009/06/28(日) 22:52:43 |
  2. URL |
  3. m-asa #k4p9tOO6
  4. [ 編集]

JJさん、コメントありがとうございます

JJさん、ご無沙汰しています。
ブログのほう更新されていないので心配しておりましたがお元気でしたか?

JJさんのように純粋にMichael Jacksonの悲報に打ちのめされているかたがいらっしゃるのに、このような不謹慎な記事を書いてしまい申し訳ありません。

私なりのMichael Jacksonへの愛情のカタチは残念ながらこのような屈折した文章となって現れてしまいました。

「Thriller」というお化けアルバムはご存知のように1億500万枚という驚異的なセールスをあげましたね。
数字というのは定量的なデータですが、実は音楽家にとって必要なのは定性的な部分です。
彼自身や彼のスタッフがそれにもっと早い段階で気づいてもっと素晴らしいSoul Musicをたくさん残して欲しかったですね。

彼のSoulシンガーとしてのスキルは正直言って次元が違っていましたから。

彼がいなければSoul MusicやR&Bというジャンルがここまで市民権を得られていたかどうか疑問に思います。
今日、Princeからも談話が出ていましたね。
「自分を含め多くの黒人のアーティストがMichael Jacksonをベンチマークにしていた。彼がいなければ黒人の音楽はここまで進化していなかっただろう。」と。

そういう存在がこの国の凡人ごときの言葉に汚されるのを私の感性が嫌ったのでしょう。
  1. 2009/06/28(日) 22:56:17 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

lunafakeさん、コメントありがとうございます

>マイケルが残した「Soul Musicをきこう!」ですな。

ありがとう、同志よ。

せめてこのブログでは彼の残した美しいSoul Musicでおくりたいですな。
  1. 2009/06/28(日) 23:00:45 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

m-asaさん、コメントありがとうございます

m-asaさんのもやもやがおさまって良かったです。
私もこれでなんとかおさまりそうです。(笑)

ご友人に「Ben」を薦められたときにもしm-asaさんがお聴きになってもしっくりこなかったかもしれませんね。
今のm-asaさんがこの曲に向き合うことでその素晴らしさを感じうるというか。
若い頃には親に反発するけど、一定の年齢になって親と仲良くなるような。(笑)

Michael Jacksonの宇宙を懐かしみながら味わうことが出来たのですね。

整形手術をしていようが、幼児虐待の疑いがあろうが、音楽の聴き手にとっては、そのアーティストの生み出す音楽が美しければどうでもよいことなのです。
音楽の美しさがわからない人々にはそういうことが重要なのかもしれませんが。

「Ben」
とても美しいです。

m-asaさんが、よりMichael Jacksonを好きになってよかった。

屈折した辛辣な記事でごめんなさい。

  1. 2009/06/28(日) 23:14:29 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

こんにちは

show-zonoさんお久しぶりです。

マイケルジャクソンが亡くなった事がただただ信じられなくていた感情が、日を追う毎に猛烈に切なく悲しい思いになって来ました。自分でびっくり。。

1987年の日本公演での後楽園球場と横浜スタジアムでマイケルのステージを観ることができました。その時の鳥肌と涙が溢れた感動を思い返しています。

世界的なスーパースターだから、いろんな報道がされてしまうのは仕方のない事だと思う。でも、私はマイケルは繊細でピュアで優しくてプロフェッショナルな才能に溢れた人だったんだろうなぁって思っています。だからさまざまな報道、なんだか可哀想で仕方ない気持ち…。


上手くまとめられませんがごめんなさい。


今は静かに

マイケルジャクソンありがとう!!

  1. 2009/07/01(水) 12:44:38 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集]

show-zono様

汚れた同志たちに捧げるにふさわしいMichael論
頭が下がります
これがSOUL MUSICを聴こうなのですね
うわさにたがわずチープな音楽ブログとは一線を画してます
  1. 2009/07/01(水) 14:33:50 |
  2. URL |
  3. K #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

sakuraさん、コメントありがとうございます

sakuraさん、お久しぶりです。

Michael Jacksonの日本公演に行かれたのですね。確かその話sakuraさんから直接聞いたことがあるような気がします。(笑)
それも横浜と後楽園の2ヶ所ですか・・(笑)。

実は現代のR&Bのライブは口パクが圧倒的に多いのです。
なぜかというとオリジナルそのものがプログラミングで構成された曲が多いためライブの生演奏に曲そのものがそぐわなくなってしまったこと、とダンスを同時に見せなければならないために安定的なヴォーカルを演じきれなくなってしまったことのふたつが主な大きな理由です。

よろしかったら久しぶりにyoutubeでMichael Jacksonの87年の日本公演を見てみてください。

Michaelは口パクではありませんね。

ここは私達がいう彼の「スキル」の一端です。

ちなみに彼は死の直前に予定されていたロンドン公演でも、口パクを拒否していたそうです。

上手くまとめられなくて結構です。

久しぶりにウンチク聞いたでしょ?(笑)
  1. 2009/07/01(水) 23:01:43 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

Kさん、コメントありがとうございます

Kさん、ご無沙汰しています。
褒め殺しですか?(笑)
あなたと創り上げたこのブログはあなたの手を離れてからより一層屈折してしまいましたよ。

あなたが言ったのでは?
「チープな音楽ブログとは一線を画そう」と。(笑)
  1. 2009/07/01(水) 23:05:14 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

最後に、

こそっと。

>熱烈なファンという人々が泣きじゃくっている。

悪いけどヘドが出そうだ。

全く同感です、よってたかって腐った肉に群がる薄気味悪い虫を見させられてるようです。

私はそれほどマイケルに思いいれは無いですが、あまりにひどいテレビですし、みんながああいう形を求めていて、製作者側が作っているのかと思うと吐きそうです。

この曲とても素敵です。個人的には「Never Can Say Goodbye」です。

非常に汚い言葉を使ってしまいすいませんでした、私もスルーしたかったけれど、未だに凄いですし。
  1. 2009/07/03(金) 12:01:44 |
  2. URL |
  3. cobo #d5sd/cHo
  4. [ 編集]

哀悼。

語るべき遺産は「音楽」のほうだろう?
なんてまともな意見は、番組編成会議では出てこない。
そんなもん期待しちゃいないんだ。
大衆にもマスメディアにも。

僕がマイケルジャクソンだったなら、
正気を保てただろうか?
普通のダディになれただろうか?

最後まで口パクを拒否しましたか・・・。
誠実ですね。不器用ですね。
だからこんなに早く逝ってしまったのですね。

彼はまさしく正気だったんだ。
だからあんなに傷だらけなんだ。
その傷を見て大衆は彼を変人と呼んだ。

WE ARE THE WORLDはマイケルが正気で
作った歌なのに、後から揶揄するやつがいた。

と、書きながら変異する論説ですみません。
  1. 2009/07/03(金) 13:38:29 |
  2. URL |
  3. POP-ID #2EKN1Tjc
  4. [ 編集]

coboさん、コメントありがとうございます

coboさんがこちらにコメントいただけるということはよほど腹にすえかねたのでしょうか?(笑)

本当にヘドが出そうですよ。悪いですけど。

人の死際にだけ悲しい顔をして、善人のつもりなのか何なのか知りませんが、音楽とは何の関係もない醜悪な景色でしたね。

「Never Can Say Goobye」ですか・・・。
私も大好きです。

私の心酔するLeon Wareの作曲した「I Wanna Be Where You Are」やMichaelの青年期ではLunafake姐さんのお好きな「Rock With You」、「The Lady In My Life」など挙げればきりがないですね。

汚い言葉を吐かせてしまう醜悪で滑稽な感性がまかり通っているということは悲しいことですね。

機会があればMichael JacksonをSoulシンガーとしてあらためて称える記事を書きたいと思っています。
  1. 2009/07/03(金) 23:33:02 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

POP-IDさん、コメントありがとうございます

POP-IDさん、ご無沙汰しています。
相変わらず硬質なご意見ありがとうございます。

>語るべき遺産は「音楽」のほうだろう?

仰るとおりです。
音楽が理解できないから、不必要な情報やゴシップに群がるのでしょう。
またそういう人々が多いから、メディアも提供する。
ある意味不幸なことですね。

>僕がマイケルジャクソンだったなら、正気を保てただろうか?

保てないでしょうね。
音楽家としての賞賛を得られる時間よりも、検死の結果禿げていたなんていわれる時間のほうが長いわけですから死んでも死にきれんでしょう、ふつうは。

おっしゃるとおり、不器用で誠実で純粋だったかもしれません。
音楽家としてはもしかしたら重要なファクターかもしれませんね。
彼がBeatlesの版権を所有しているのも金稼ぎのためといわれていますが、もしかしたら彼は世界一のBeatlesファンという見方も出来ます。
音楽が大好きでお金の使い方をあまり知らなければ、もしかしたら私も買いますよ。(笑)

この1週間の不快さをここに来る皆さんと語り合えてどうやら昇華できそうです。

またちょくちょく遊びに来てください。
  1. 2009/07/03(金) 23:46:35 |
  2. URL |
  3. show-zono #WkRHyY6E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://showzono.blog108.fc2.com/tb.php/81-0c291406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

showzono

Author:showzono

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。